インプラントを骨と一体化 ©

インプラントを骨と一体化 ©
0:00
0:00
Published at:2019-05-24
By:Clínica Médico Dental Pardiñas
Duration:3 minutes 48 seconds

Description: パディナ歯科病院の3Dビデオは(http://j.mp/cPardinas)、 インプラントを骨と一体化する方法を展示しておる。ドリルによる歯槽骨構造への穴開け。血管が傷む場合、欠損部位はたちまち出血で充満。チタン製インプラントを処理済みの骨格に固定すること。設備の摩擦力や初期の安定性はインプラントの植え込みにとって唯一のサポートである。最初の数分間に、血液が癒合の為に、同区域を覆い回る。イオンやタンパク質がインプラントの表面に粘結し始める。しばらくすると、血小板の働きで、損害した血管に粘結してくる。血小板から細胞分裂の為の様々な物質を放出してくる。傷口が充填され、一時に出来た基質は、インプラントに付着してくる。最初数時間中、免疫細胞が組織破片や傷口中の細菌を処置する。血小板の放出物質で血管の透過性が高まり、白細胞が内皮細胞の作り出した空間を通過できるようになった。白細胞と大食細胞は同区域を回りながら、細菌の撲滅や消化酵素の放出を行う。その際に、傷口は通常通りに愈合していくこともあれば、植入ができない無数の細胞が集まるような感染環境にもなる。手術の数日後、繊維細胞が傷口に移っていき、コラーゲンのような成分を合成し、細胞外基質の保護や安定性を確保する。干細胞の特徴を備える血管周囲の細胞がその他区域に移転し、新しい血管になって、酸素供給を復旧させるという方式で、組織の癒合を促す。 7日目あたりに、破骨細胞が残りの歯槽骨に粘着して、吸収をさせて、新たな歯槽骨の形成に空間を作り出す。でも、初期では、インプラントの安定性が低減される。 血管周囲の細胞もインプラントの表面に移り、新たな骨芽細胞に分化してくる。骨芽細胞が基質になり、リン酸カルシウムで、石灰化を進む。 一周目後、インプラントの表面に初期骨格が形成し始める。この過程はインプラントをさらに安定にさせ、再植作業が数週間後に完了になる。 より多くの歯科治療はこのリンクへhttp://bit.ly/dentistry3DDentalPlayが配布や運営するビデオとその商業化。http://www.dentalplay.es/en/

インプラントを骨と一体化 is the best result we bring to you. We also listed similar results in the related list. Use the search form to get results according to your wishes. Please note: none of the files (such as mp3, images and videos) are stored on our servers. NJ Music only provides capture results from other sources such as YouTube and third-party video converter. Assistance anyone who has produced it by simply purchasing the first CD or original digital product of インプラントを骨と一体化 therefore they provide the most beneficial products in addition to carry on doing work.